ニコニコ生放送 Apple/Macintosh放送局

ニコニコミュニティ Apple/Macintosh放送局の公式サイトです

Step 3. 放送する為に必要なもの


一般的に配信に必要なものと言えば「Webカメラ」と「マイク」ですが、こと Mac に関して言うならば、iMac / MacBook / MacBook Air / MacBook Pro のいずれのモデルも内蔵iSight(Webカメラ)と内蔵マイクを装備しています。ですので、そういった追加の機器を買い揃える事も、特別なソフトを用いる事もなく手軽に配信ができてしまいます。

ですが、内蔵 iSight ではアングルが固定されるため、思うような画面の演出ができなかったりしますし、iMac の場合、内蔵マイクは内蔵ファンや HDD のごく近くに装着されているために、その駆動音がノイズとして乗ってしまうなどのデメリットもあります。

ちなみに私は両者ともに追加の機器を購入して配信をしています。特に効果が大きかったのは歌ってみた動画用に購入した USB オーディオインターフェイスカラオケ用のマイクを接続した事です。周辺の余計な雑音も拾わなくなりましたし、ノイズが格段に軽減されました。
また、カメラを追加する事で、猫の寝顔を見せたり、机の上で絵を描いている様子を見せる事もできるようになりました。

もしおサイフに余裕があったら試してみるのも良いかもしれません。

購入の際の指標としては以下の項目があります。

  • ユーザー生放送の最大解像度は640×480=30万画素以上はメリット無し
  • 市販のWebカメラの殆どはMacのサポート無し(実際は殆ど使える)
  • ユーザー生放送の音声はモノラル(ステレオマイクは意味がありません)
  • USBオーディオインターフェイスは楽器なども使えるものがある
  • USB接続のスタンドマイクやヘッドセットもある(Skype用などを流用)

以上の事を参考にしていただければ良いかと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。