ニコニコ生放送 Apple/Macintosh放送局

ニコニコミュニティ Apple/Macintosh放送局の公式サイトです

ManyCam


manycam-logoManyCam は、Mac OS X に仮想的にカメラとして認識されるソフトウェアです。Mac にインストールすると、カメラを使えるアプリケーションに自動的に認識されて、ManyCam で設定した配信画面が流れるような仕組みです。当然、Skype や iChat などでも使用できます。

さらに他のアプリケーションと違うところは、ManyCam の場合、初期設定では Dock に起動アプリとして表示されずにメニューバーに常駐する「常駐アプリ」として起動します。ですから、アイコンをダブルクリックしてもウィンドウなどは表示されずに、メニューバーに小さなアイコンが追加されます。
見逃しがちで、ダブルクリックしても見えてこないので 、「ManyCam が起動しない!?」と慌ててしまいそうになりますが、気をつけてみて下さい。

manycam-menubar-icon

メニューバーのアイコンが確認できたら、クリックしてみましょう。するとメニューが表示されます。英語版のソフトウェアなので英語で表示されてるので判りにくいかもしれませんが、覚えれば簡単ですよw

manycam-downmenu

配信時に必要なのは1番目と2番目、そして終了する「Quit ManyCam」のみです。その他の項目は特別利用しないのでここでは割愛します。
まずは、 「Video Sources」をクリックしてみましょう。すると以下のようなコントロールパネルが表示されます。ここで画面上に表示したいカメラ映像やデスクトップを選択します。カメラが複数接続されていれば、接続されているカメラが一覧で出てきます。画像で選択されているのはデスクトップ全体を選択した状態です。

 manycam-pannel01

その他、画像のメニューを見るとわかりますが、動画画像ファイル配信画面のスクリーンショットを撮影・再配信したり、色ベタ画面にも切り替える事ができます。また、右側にある各種スライダーを動かすと、配信画面の色調整上下左右の鏡面映像回転などができます。ここの詳細な操作方法は使ってみるのが一番判りやすいので、ここでは割愛します。

次に、上部にある「Effects」というボタンを押してみましょう。
ここでは選択したカメラ映像やデスクトップに様々なエフェクトをかけることができます。画像上で選択されているのはアバター(着ぐるみ?)を選ぶ画面です。選ぶと画面上に覗き窓の開いた画像が被せられます。「カメラは使っても顔出しはちょっと・・・」という方はこれを使ってみると楽しい配信ができるかもしれませんねw 
各種エフェクトの機能に付いては本家サイト(英語ですが)で確認して下さい。動画で判りやすく解説してるので、英語が読めなくてもニュアンスで何とかなるかも・・・?w 

manycam-pannel02

また、このエフェクトは ManyCam.com のウェブサイトでダウンロードしてきて追加する事ができます。もし物足りなさを感じたらサイトに行って色んなエフェクトをダウンロードして試してみるのも良いでしょう。

総合してみると、配信でのニーズが高い映像のミックスなどの機能は限定されているものの、使っていて楽しい機能が満載されていて、簡単に追加する事ができるというところは、初心者の方にはオススメのアプリケーションではないでしょうか。CPU への負荷もごく小さくて、ニコニコ生放送の配信画面の重さを考えるとなかなか使い勝手の良いツールであるとも言えます。

広告

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。