ニコニコ生放送 Apple/Macintosh放送局

ニコニコミュニティ Apple/Macintosh放送局の公式サイトです

CamTwist Studio 講座やります

camtwisticon皆様いかがニコニコお過ごしでしょうか? rawegg a.k.a. 生卵です。

余談なのですが、しばらく更新しない間に、実は鳥居みゆっきさんという方が作った、ニコ生コメント/スクリーンショットログ保存サービスの「NicoLiveLog」というのに自動保存コミュニティとして登録されまして、このコミュニティで保存すると、コメントビューアなどを使わなくてもコメントログとスクリーンショットまでが保存される仕組みになりました。

着々とコミュニティに賛同して下さる方も多くなり、お試しな感じではありますが、複数人での Mac ユーザートークなども放送できるようになりました。この場を借りて簡単ですがお礼を申し上げたいと思います。

さて本題ですが、ニコニコ生放送で Mac ユーザーであれば CamTwist というキーワードを何度か耳にしているでしょうし、配信者の方であればまず確実に使っているであろう、仮想カメラデバイスアプリ CamTwist ですが、実はメインウィンドウよりも Studio というツールが実は CamTwist の本当の力を発揮できるツールなんです。

とは言えど、この Blog でも使い方は端折ってますし、ググっても満足のいくドキュメントが出てこないのが実情で、使うのに二の足を踏んでいる方が多いかと思いまして、じゃあ僕が使ってる使い方を放送で解説しちゃおうということになりました。

放送は 2009年10月12日 昼過ぎ〜夕方に、予約枠+延長でやろうと思います。予約時刻が明らかになり次第、コミュニティのお知らせや twitter などで改めてお知らせしようと思いますので、チェックして下さいね!

カテゴリー:Apple/Macintosh放送局, ユーザー生放送,

“its only rock and roll” Apple Special Event 実況報告

皆さんニコニコしてますか? rawegg a.k.a. 生卵です。

昨晩(9/10午前2時)のイベント放送は、公式アラートや各方面での有志の方々の広報活動(Blog 等でご支援くださった方、本当にありがとうございました!)の甲斐もあり、放送開始から開始1分で200コメントを超える超絶的なオープニングとなりました。

そんな大賑わいにも関わらず、今回は一人で情報をナビゲートしなければならなかったので、各方面の実況ログを事前用意していたのに、全くと言っていいほど活用できませんでした・・・orz
更には折角の無料延長時間帯なのに2度目の延長をすっぽかしてしまいました。嗚呼ダメ人間な俺。

しかし、前回の WWDC 実況放送でもあったのですが、有志の方々がコメントで速報を流していただけたおかげで、拙い僕の操作でもなんとか部分的にでも情報を放送画面に展開できました。やっぱりニコニコ凄い。ニコ生凄い。これぞ CGM。

今回の反省点は、やはり一人では若干無理があるなというところです。次回のイベントはいつになるか判りませんが、日程が読め次第スタッフを募集したいと思ってます。最低でもナビゲーター(出演者)とオペレーター(裏方)は分けた方が少ない時間内で効率的に放送できると思いました。

最後に、放送のログの情報をお伝えしておきます。

1枠目
http://live.nicovideo.jp/gate/lv3641250
来場者数:3071人
コメント数:7477

2枠目
http://live.nicovideo.jp/gate/lv3890778
来場者数:651人
コメント数:1366

総来場者数:3722人
総コメント数:8843

来場者数:3071人
コメント数

カテゴリー:Apple.Inc, Apple/Macintosh放送局, ユーザー生放送, iPhone

Mac OS X 10.6 Snow Leopard リリース

みなさんニコニコしてますか? rawegg a.k.a. 生卵です。

ついに昨日8月28日に、待望の Mac OS X 10.6 Snow Leopard がリリースされました。64bit CPU ネイティブ対応、Open CL、Grand Central Dispatch など、多才な次世代 OS 技術を盛り込みながらも、何と Mac OS X 10.5 Leopard からのアップグレードが 3,300円という破格のパッケージングで登場しました。

数々のレポートが公開されているので、詳細な技術仕様などはそちらにお任せするとして、この Blog ではニコニコ生放送に関わる部分の互換性等についてお話をしていきます。

まずインストール後に一番最初に躓いたのは Soundflower 仮想音声デバイスが認識されませんでした。この問題については twitter で各方面から情報を頂いて解決できたのでその手法をご紹介します。

Soundflower の公式インストーラーでは、どうやら正しくインストールできないようなので、僕の場合は Audio Hijack Pro というアプリケーションの Audio Hijack Pro メニューから “Install Extras…” メニューを開くと Soundflower のインストールができるようになっています。クリーンインストールではない場合は既にインストールされている Soundflower が存在するので、一度 Uninstall をしてから再度 Install をすることで通常通り使えるようになります。

次に問題が現れたのは CamTwist 2.0 のエフェクト類です。どうやら iTunes SongsQuartz Extreme を用いたエフェクト類はことごとく使えないようです。これは Quartz Extreme が 64bit で動作する一方で、映像をミックスする CamTwist 側が 32bit で動作している事に寄るものと思われます。Quartz Composition ファイル自体の Snow Leopard 上での互換性には問題が内容なので、CamTwist のアップデートを待つしか無いようです。
ちなみに画像オーバーレイ系のエフェクトとテキスト系のエフェクトは通常通り使えるので、 iTunes と色調整関係のエフェクトを使用している方はしばしの我慢というところですね。

また、以前と同じ環境をセッティングしても CPU の占有率が全然違います。放送しながら Illustrator 起動したりとかも、まだまだ余裕がある感じです。これは Grand Central Dispatch のおかげですね。凄い。
ですので、放送内容の幅が広げやすくなっている事は間違いないでしょう。

カテゴリー:ユーザー生放送, Mac OS X, , , ,

ニコニコ生放送の拡大可能性を探る

皆さんニコニコしてますか? ニコ生厨顔出し教信者の rawegg a.k.a. 生卵です。

仰々しいタイトルにしてしまいましたが、とある blog のエントリを読んで僕も書いてみたくなったのでこんな感じのタイトルになりました。

まず皆さんには、あの SM 配信で超有名になられた伊予柑さんの blog を読んでいただきたい。差し当たって URL を出しておくので参照して下さい。

おい、ゆとり! ライブコンテンツの検索可能性あげるぞ

まず一般論的なお話をしておきましょう。

今までの、所謂「インターネット」とは「≒書籍」という概念がありました。つまり、書物が大量に保管されている世界一の図書館というイメージです。
しかし今日に至ってその概念は大きく変化しています。その代表とも言えるのがライブストリームコンテンツ、つまりニコ生のようなコンテンツです。

それまでのインターネットは、インターネット上にある無数のコンテンツを探し当てるのに「キーワード」と「ハイパーリンク」という二つのイディオムを 用いて検索サイトを入り口として目的のコンテンツへと辿り着いていました。そのプロセスの裏側には実は「ページ公開」「検索サイト登録」「ページの適合度評価」というプロセスを経た結果を、ユーザが任意に引き出しています。

実はそこがミソでして、裏側のプロセスが数週間〜数ヶ月を経て、かつコンテンツ自体がキーワードに対して適合度が高いと評価された場合にのみ、到達が可能となるわけで、詰まる所「クラシック指向」な訳です。

しかし、インターネットユーザは何故かそこをかいくぐってニッチなコンテンツを利用できています。これには検索という仕組みの他に沢山の要素が含まれている事が起因していますが、何より見過ごせない効果というのが「口コミ」です。

この「口コミ」と言うのは、難しく言い換えるなら「インターネットユーザの人為的情報伝達がコンテンツ自体を補足するサブ・コンテンツとしてインターネット上に機能している」ということです。
例を挙げると、blogSNSTwitterソーシャルブックマーク(SBM)等です。これらはユーザの能動的アクションからネット上にコンテンツを補足する形でネット上にログを排出することでコンテンツへの誘導を増やし、一方で検索サイトでの表示順位にも影響を与えます。こうしてコンテンツはリリース初期からでもユーザを誘導でき、かつコンテンツのクオリティによって検索サイトでの表示順位にも影響を与えることができるようになっています。これが現在のインターネットです。

それで、ニコ生の場合。

ニコ生は、インターネット上の露出時間が極めて短いため、検索サイト上に現れる頃には既に過去のものとなっています。それに輪をかけてクローズドコンテンツであることが外からの情報アクセスを遮断していて、仮に到達できたとしても外部からはそのコンテンツがどのようなものであるのかを知る術がありません。

そこで登場するのが「口コミ」です。と言っても blog や SNS では執筆者の負荷が大きく、結果としてタイムラグが大きくなり、ほとんど効果を見る事はできないでしょう。「口コミ」の中でももっと即時性に特化したもの、例えば Twitter やメッセンジャーなどの場合、情報の伝播も速く、コンテンツへの到達確度も格段に上がりますが、いかんせん情報伝播の範囲が狭すぎます。

あれ?結局どっちもダメじゃん?ってなりますよね。いいえ、ケフィ・・・じゃなくて、組み合わせ方が逆なんです。

つまり、「口コミ」を基本的な情報伝播の方法として、そこから発生したタイムラグを補足する「書籍(ログ)」を発生させて、インターネット上で長時間の情報伝播を促進させる必要があるわけです。
難しい書き方をしたので、易しく言い換えると「『放送見れなかったけど、これ面白そうじゃん?』と思わせる 口コミをログとして残す」ということです。

具体的に提案をするなら以下の様な感じになると思います。

  1. 任意タグの導入 or コミュニティタグの導入
  2. コメントログの公開
  3. 生放送アーカイブ(コメント付き録画)
  4. ソーシャルサービス(Twitter、SBM等)の導入
  5. 「ニコニコミュニティ」への「ニコニ広告」導入

この中で、アーカイブ化以外の仕組みは既にある仕組みの応用か、システムのアウトソーシングなので、秒殺で対応は可能かなと思ったりしてます。実態は分かりませんけどね。
この中でも特に僕が面白そうだなと思うのはニコニ広告です。素人の作った動画に百円玉何枚も使うわけがないと、散々な言われ様だったニコニ広告ですが、結果として沢山のユーザが利用して、ランキングを左右するにまで至ってます。
この論法をニコ生に当てはめるなら、コミュニティの広告も全然アリな訳です。 むしろ広告でユーザ間のコミュニケーションも活発になるのではと思ってます。

伊予柑さんは新しいコンテンツでニコ生を補完する方法論で述べられてましたが、僕は既存の仕組みのマッシュアップで保管する方法を考えてみました。が、結局言わんとしてる事は大差ないかなとw

あと、運営さん、僕もそろそろチケット欲しいです。

カテゴリー:ユーザー生放送

ニコニコ生放送の視聴・出演・放送開始をTwitterに投稿する ユーザースクリプト nicoLiveTweet【Ver.UP】

ニコ生厨のみんな、オナシャス。 rawegg a.k.a. 生卵です。

先日ご紹介しました、ニコ生の視聴・ゲスト出演・放送開始を Twitter に投稿するユーザースクリプト、nicoLiveTweet ですが、ユーザ様からのお声で「生主コメントのボックスを広げられると便利」というのがあったので、実装してみました。

主コメのボックスの角に小さなボタンをつけました。それをクリックするとボックスを外したりまたボックスを適用したりという操作ができるようになりました。

あと、これから短縮 URL の実装もできるかどうか試してみようと思うので、できたらまたお知らせします。

[7/18追記]

恥さらしさんがニコニコ専用短縮URL(http://nico.ms/*****)と長文タイトルの短縮を実装してくれました。

最新版のインストールはこちらからどうぞ。

カテゴリー:ツール・ウィジェット, ニコニコ生放送, ユーザー生放送, ,

アーカイブ